image
「たま」のおかげでネズミを見ることがなくなった。
やっぱ、ネズミにはネコだ。

ネズミの件は少し落ち着いたが…


乾季がやってきた。
雨が減った。


レインタンクが常にピンチだ。

前の家は一人で使っていたので、乾季でもじゃんじゃん水を使っていたのだが、
今はお隣さんのレインタンクが壊れているので、共同で使っている。
さらに、学校も近いので、生徒たちも勝手に水を使っていく。

常に、残量を確認しなければならない。


最重要事項は飲み水の確保、それから、朝夕の水浴びだ。


なので、洗濯は近所の井戸に行って…。
image


そして、トイレなんかにきれいな水を流すなんて…、もはや罪の意識。

洗濯で出た排水か米のとぎ汁、ないときは流さない、を徹底している。

水って大切。

蛇口からいくらでも水が出るって贅沢なことと感じる。


さて、水を勝手に飲むということだが、この国のものをシェアする感覚が凄い。

自分のものと他人のものとの境界線が低い。

実は、人の家のレインタンクの水を勝手に飲むことも普通のことなのだ。

自分で買ったお菓子も、誰かが買ったジュースも、どんなに小さい食べ物も…、「あなたにあげる」って渡したお菓子も…、全てそこにいる子どもたちで分ける。
image
1つのカボチャをシェア。

道具もみんなでシェアしあって使う。
image
image
このラッツアンドスターサングラス毎日違う子がかけている。もう誰が持ち主なのかわからない。


「勝手に使うな!!」と怒っている自分がすこし恥ずかしくなったことがある。

「あなたにあげる」ってみんなに見つからないようにこっそりあげたのに、みんなで分けている姿を見たとき、少し恥ずかしくなったこともある。

でも、自分のものを勝手に使われていてイラっとしたこともある。

図々しいお願いにイラっとしたこともある。



村人たちに暖かく迎えられていることに嬉しく思うのだが・・・、ソロモンの人たちと深く関わりたいと思うのだが・・・、


「冷蔵庫使わせてくれ」

「薬をつけてくれ」

「充電させてくれ」


日本だったら何も考えずに「どーぞ」で済むこと、決してやってあげたくない訳ではない。

異国の地、この途絶えることのないお願いにどう対処するのか。とても難しい。


最初の頃は、日本から持ってきたものにも限りがあるし、みんなにお願いされても適当にごまかして全て断っていた。


だが、ソロモン人と親しくなってきたり、いろいろ助けてもらうこともあったり、シェアの文化を知ったり、

全て断るのが申し訳なくなって、少しくらいは・・・、から、結構やってあげるようになった。

全て断るか、全て受け入れるか、そうしていれば迷うことはないのだが、
「やってあげる時もあれば断るときもある。」

この線引きとても難しいと日々感じている。


現状は、自分の機嫌と気分しだい。

ただ、やってあげてもあげなくても後からネチネチなんてことはない。後腐れない性格か忘れちゃうだけなのか・・・、そんなソロモン人に救われている。
image







「ANNIVERSARY FESTIVAL」
5月21日から23日までお祭りが開催される。

なんと、ソロモンの副首相も来られるらしい…
あと、相当数の参加者があるらしく、結構気合が入っていた。

 じゃあ、準備も念入りかと思いきや、

突然あわただしくなるのがソロモン流。
土壇場に驚異の頑張りを発揮するのがソロモン流。

今週、突然猛烈に忙しくなった。

いきなり授業がなくなって準備になったり・・・、
image
クリーンアップということで雑木林を伐採する。前日なのに・・・、
image
この森どこまで切り開きましょうか?

朝起きたら、教会への道がデコレーションされていた。
image
運動会かな?

突然、爆音で歌の練習が始まったり、
image
気が付くとダンスしていたり、

すべてが突然なのだ。


「ダンス参加するよね。」と以前住んでいた村の住人からのお誘い。
「する~。」

「歌うよね。」と今住んでいる村の住人からのお誘い。
「する~。」

「歌って踊るよね。」と校長からの命令。
「します。」


ってな訳で「いいえ」と言えない日本人。
片っ端から参加することにしてみた。
いや、参加することになっていた…。


ただ、この練習に参加するのがとっても大変。

「何時から練習?」との問いの答えがいつも「イブニング」なのである。

「フォー?ファイブ?シックス?」と聞き直すと力強い「イブニング」が帰ってくるのである。


放課後は学校での歌練習をしてから、
教会を2か所はしごするというハードスケジュール。

何となくソロモン時間がわかるようなったつもりだったが、

3時間以上待っても練習が始まらなかったり、行ったら終わってたなんてこともあり、

まだまだソロモン人にはなり切れていないようだ…。


練習の様子はというと…

大人も子どももものすごいエネルギーなのである。
image



叫んでいる子どもたち

走り回っているこどもたち

そんな子どもたちを追いかけているお姉さんたち
「静かにしろー」と叫んでいる大人たち

その隣で爆笑している大人たち

なぜか乱入する犬


「そら、授業なんて静かに受けられないよね」って…


「とにかく楽しく。」ただそれだけ。
image


規則規律集団行動時間の感覚なんて邪魔なくらいだ。


練習が始まるまでの異常に長い待ち時間もイライラしてる場合じゃない。

遊ぶしかない。その一瞬を楽しんだもの勝ちだ。


ただ、付け加えておくが、歌もダンスもめちゃめちゃ上手なのだ。



静かに指示を聞いて指示通りに動く。
限られた時間の中で集中して取り組んで結果を残す。
時には苦しいときもあるけど、みんなで協力して乗り超える。

日本ではそんなこと意識していたように思う。
もちろん、それも大切なことには変わりない。


ただ、歌やダンスを通して村のみんなと笑いながら過ごす時間はとっても素晴らしい時間ということも変わりない。
image


その後、夜には子どもたちが泊まりに来て補習レッスンをしてくれる。

ありがたいのだ…、
image
ありがたいのか・・・?


そして、新しい我が家も子どもたちのたまり場と化していったのである。
image


そして、
image
こうなる。

まっ、楽しいからよしとしましょう。



そんなこんなで、現地語の歌7曲ダンス3曲を1週間で覚えたのである。

いいや、何となく覚えたのである。

ソロモンでは完成度をあまり気にされることはない。

参加して、それなりに歌って踊っていればめちゃめちゃ盛り上がってくれる。


まさに、「参加することに意義がある。」

とにかく、何でもやってみるって大切だと感じる。


本番は今週火曜。

楽しみである。



新居に引っ越して2週間。

家族が増えた。
image
名前は「たま。」


重要任務はただ1つ。
ネズミの侵入阻止。

ネズミーランドにサンリオを投入した感じ。
さて、どっちが勝つか…。


それ以外、この家での生活はとうと…、
トイレも、料理も、洗濯も…

シャワーなんてない。
水浴びだ。

すべてが猛烈に不便で不衛生で…

日本で暮らしてたときでは考えられないような生活環境。

しかし、慣れた。いや、あきらめかもしれない。
どちらにしても、この生活なんてことはない。

むしろ、日本はなんであんなに便利で潔癖なくらい衛生的なんだろうと疑問に思ってしまう…。


ただ、ウォシュレットとは言いません…、
image
様式便所の便座だけは是非つけてもらいたい。





今週またも、縁あって、日本の中学校と交流することなった。

簡単な手紙を書いて交換する。
image

あと、写真も交換する。
image
image

生徒たちは日本に友達ができると大興奮。
一生懸命書いてくれた。

無事に郵送できるのか・・・。
また、どんな交流になるのか楽しみである。



さて、最近の授業はというと、

慣れがダレに変わる今日この頃。
うるさくなりつつある。いやうるさい。

もちろん注意するのだが、なんせ言葉の壁が邪魔をして、なかなか怒りが伝わらない。

昨年は日本語作戦も使用しながらやっていたのだが、今年はまた新たな作戦で戦っている。


まず、やってみたのが先生が静かにする作戦。

日本だと、空気を察した生徒から徐々に静かになってくるというものだが…

ソロモンではというと
image
そのまま静かになることなく、1時間終わってしまった。

雰囲気的に「先生いたの~」ってな感じなのだ。

完敗。


ハンドマイク作戦。

生徒の出す騒音をしのぐボリュームで話した。

結果。

ハンドマイクをしのぐボリュームで爆笑となってしまった。

完敗。


セロテープ作戦。

「お口チャック」が壊れてる人はセロテープで補修します。

なんて、やってみたのだが・・・

結果。

みんな喜んじゃった。

最初こそ一定の効き目があったのだが、慣れちゃうとみんな楽しくなっちゃって

そこいらじゅうにセロテープ貼り付けた生徒がいるという状態。笑うしかない・・・。そして、セロテープがもったいだけなのだ・・・。
image


完敗。


ビデオ作戦。

ただただ、動画を撮影するというもの。

シャイなソロモン人。異常なくらい恥ずかしがる。
image


そこにつけ込んでみたのだ。

結果。

めちゃめちゃ静かになった。
image


完勝。しかーし・・・

あまりのシャイぶりに何も言わず反応もなくなってしまった。

もう、極端過ぎる。


とまあ、

戦いの日々を過ごしている。


時間、規律、常識…

もう、試行錯誤を楽しむしかない。



↑このページのトップヘ