月曜がやってきた。
最後の朝礼。

あいさつぐらいさせてもらわなきゃー。

ただ、、、。大雨。
うーん。

行こうか。どうしようか。
よっし、雨が止むまでは居よう。

この決断正解。

雨が止んでちょっと休んで、さてさて、そろそろ出発しますか。
ってな感じで2時間遅れでの登校。

ちょうど、朝礼開始時刻に登校。
これも一つの成果ってところだろうか。


「name blog mi kunio………」
2年前、必死に覚えたピジン語で自己紹介したな~。

そんな事を思い出しながら、あいさつをする。
今回は特に台本も作らなかった。

エピソード、メッセージ、感謝の気持ちを伝える。

よしっ、言えた。
思ったよりしゃべった。

ただ、写真を撮り忘れるという2年前と同じミス。
まっ、いっか。

まぁ、何だかんだ2年間弱暮らしている。
現地語のロビアナラングスはきっと日本人の中ではトップクラスいやっトップだろう。

これもまた一つの成果か。
ロビアナ検定ないのが残念でならない。


その後は、さすがに帰国準備のため帰宅。

とりあえず、ダンボール一箱日本まで郵送。
子どもたちが手伝ってくれる。
IMG_2683

学校は?って思うが、
「今日と明日は休む。KUNIOの手伝いをするっ。」って、、、。

日本だったら学校に行きなさいってところだが、この国、仕事や学校より家族のこと優先。
子どもたちはもはや家族。そのまま受け入れた。

15kgぐらいで2000ドル。日本円で3万円ってとこ。日本から送るより高い。

IMG_2733
お世話になった郵便局のおばちゃん。

無事に着くことを祈る。

その後は、教会にてのんびり過ごす。
こうして、最後から2番目の日は終わっていった。FB_IMG_1520242091725


日曜日。
最後の日曜日。

いつも通り教会で1日過ごす。
IMG_20180314_090957

朝の礼拝。

特別なことは何もない。

いつもと違うのは、最後に挨拶をさせてもらったことぐらい。
Screenshot_20180318-151243

前日の送別会はバタバタと終わってしまった感じ。今日くらいきちんとあいさつをしよう。


村人たちは口をそろえてこう言う。

「言語も宗教も生活習慣も肌の色も違うのに、KUNIOは俺らと一緒に、同じように生活してくれた。この村にJUST HITだぜ。ありがとう。We are one. 俺たちは一つだ。」

最高の言葉だ。

だが、私はこう思う・・・。

「言葉も教えてくれた。教会にも呼んでくれた。カヌーも教えてくれた。食事会にもいっぱい招待してもらった。言語も宗教も生活習慣も肌の色も違うのに受け入れてくれてありがとう。」

さらに、村人たちはこう言う。

「Kunioはムンダボーイだ~。もう、KUNIOはこの村の人間だ!!!後はお嫁さんだけか・・・。」

「ぎゃはははは。」爆笑に包まれる。

つたない文章だがロビアナ語を使って、自分の言葉で感謝を述べることができた。

こうして、朝の礼拝と夕方の礼拝と、、、
教会で村人たちと過ごす時間は終わりを迎えた。

「ところでMOVEはいつ上映はいつだ。」

そういえば、せっかく作ったのMove、まだ見せれていない。

理由は、パソコンがない・・・。

プロジェクターは学校から借りた。
私のパソコンはプロジェクターと繋ぐ事ができない、、、。
つながると思っていたパソコンは動画が再生できない、、、。

パソコンはあきらめて、テレビあるお家にお願いする。

ってことで、みんなで一つのお部屋に集合。。。
IMG_2603

大爆笑しながら動画を見る。
なんかこの雰囲気とっても好きだ。

IMG_2606

今週の水曜には任地を去る。

未だに何も片づけていない。
さて、去ることができるのか。
1517898123614
ポチとタマ。どうなるのか。







3月10日
フェアウェルパーティー  IN KEKEHE

開始時刻は夕方。

ムンダで過ごす最後の週末。
IMG_20180314_085528
この赤ちゃん。久々登場KUNIO。大きくなりすぎかな・・・。

とりあえず、のんびりする。

「KUNIOダンスの練習だ。」って呼び出し。
Screenshot_20180318-035635

私のフェアウェルパーティーだが…、完全参加型。ダンスや歌の練習に積極的に参加している。

むしろ、サプライズなんていらない。
みんなと過ごす時間を大切にしたい。

ただ、逆サプライズで感謝の気持ちを込めて、村にプレゼントを用意した。

夜なべして写真ボードを作った。

IMG_1703
IMG_1704

絵のプレゼント。
IMG_20180312_161007

ドラゴン、イルカ、ソロモンライフ、
リクエストに答えた。

余った写真でポスターをいっぱい作った。
IMG_2891
「keep clean kekehe」

いろいろ、気合い入れて作った。上出来上出来。

後は、
IMG_20180310_141431

カレーを作った。
IMG_20180310_153019

さらに、30分ほどのビデオクリップを作った。

子どもたちが我が家に入りびたる中、隙間を縫って何とか完成。

ナショナリティは日本。やればできるの精神。


夕方教会前の広場。
いやいや、サプライズがあった。

何とも大掛かりなテーブルセットが準備されていた。
IMG_2338

このカヌー「TOMOMO(トモコ)といって、ソロモンのこの地域の伝統的なカヌー。

IMG_2840

ありがたやありがたや。
なんて幸せ者なんだろう。

さてさて、プログラムはというと、
まずは、教会でお祈り。

Screenshot_20180318-044408

去りゆく友のために…

聖書の朗読。歌を歌う。メッセージ。
Screenshot_20180318-044512

こみ上げるものをぐっとこらえる。

そして、食事。
「これでもかっ」ってぐらい御馳走が並ぶ。
IMG_20180310_200131

ライトアップもバッチリ。
IMG_2867

そして、
IMG_2440

たくさんの
IMG_2424

人たちから
IMG_2914

メッセージや
IMG_2462

プレゼントをいただく。
IMG_2426

プレゼントの全貌はこちら。
IMG_20180312_102351

そのあとは、ダンス他、、、。
IMG_2439

こんなに幸せでいいのか?
後から不幸が舞い込んでくるんじゃないか?

ってぐらい、最高に心地よい時間だった。。。

途中、あまりの悲しみに空が大号泣するというハプニングがあったり、
IMG_2906
晴れ男なのに、、、おかしいな、、、。

音楽が流れなかったり、パソコンがつながらなくてビデオクリップが翌日にお預け、、、

なんて、バタバタと終わっていった感じ、、、
これもソロモンってことで、、、。
らしさ全開の心温まるパーティーだった。

最後は、
IMG_2938
「海の声」を熱唱。

全て終わったのはもう夜中。0時はまわった。が、

IMG_1804
うなる。

そして、
IMG_2478
こうなる。

ここまできたら意地でも毎日続けてやろう。

↑このページのトップヘ