「ANNIVERSARY FESTIVAL」が終わった。
image


正確には…
image
写真の通りだ。

ここ、ソロモン諸島ウェスタン州で使われているロビアナラングスの聖書の完成を祝う式典でもあった。

以前紹介したかもしれないが、ソロモンには120を超える言語があるとされている。その1つがロビアナラングスだ。日本語も地方によって多少異なる。ただ、イントネーションが違うくらいなので、ほとんどが通じないということはない。しかし、ソロモンのラングスはまったく別物。もはや違う言語だ。

これが、ロビアナラングスの聖書。
image
image
50ソロモンドル(日本円で750円ってところ)で買った。

そして、聖書の翻訳を行った方のお話を聞くこともできた。

翻訳作業は1983年に始まった。30年以上の長い時間をかけて翻訳されたようだ。
image
この方が翻訳作業を主に行った方。
もう、ロビアナラングスペラペラだった。

現地に入り、現地の方と関係を築き、ラングスを学び…

長い年月をかけ少しずつ進めてこられた。

そんな式典に参加することができてとても嬉しく思う。


日本だと聖書はもちろん、ありとあらゆる本が日本語で書かれており、いつでも手にすることができる。
「本を読む」ということは「学ぶこと」の基本。

しかし、ソロモンの子どもたちにとって読書をするというのはとても難しい。

本屋さんはない。一応、図書室はある。
オーストラリアからの支援で本はそれなりにある。

図書室の整理整頓を以前行ったが、なかなか定期的に開放されないし、綺麗な状態が継続できない。

また、最大の問題は英語の本しかないということ。

英語が多少わかるとはいえ、本を読むのは大変。「辞書を片手に本を読む」そんな簡単にできることではない。

母国語で書かれている本があるということは幸せなことなんだと感じる。


さて、式典ではお祈り、お話を聞くこと、聖書を読むこと…、

あとは、生徒たちとともに現地語の歌を披露した。
image
祭典は、歌とダンス、村ごと、地域ごとに分かれて発表する。
途中乾季の大雨にも見舞われたが、人々のエネルギーは凄まじい。
image
生徒たちも伝統的衣装に身を包みノリノリ!

ダンスに乱入するのはもう当たり前。
image
青いおばちゃんの乱入

なぜか、飴玉をまき散らすおばちゃんが現れたり、なぜか、香水をまき散らすおばちゃんが現れたり…
image


完成度を上げて見ている人を楽しませるというよりは、練習の時から自分自身が楽しむことを一番大切にしているという感じ。

日本は、「自分が楽しむ」というより「他人にどう見せるか」の方に重きを置いて練習していると感じる。

「自分が楽しむ」→「みんなが楽しくなる」
それはそれでいいのかもしれない。

以前住んでいた村の子どもたちとダンス
image
めちゃめちゃ楽しめた。



そして、昼休み…

「あなたの家で休んでいい?」
「うっ、うん…。いいよ~」って

突然、教会の近くの我が家が控室として利用されることに…

そして、大人も子どもも30人以上が我が家に押し寄せることに…
image


正直迷惑な話だが、気軽に頼られてる感じが嬉しくもあるのだ。

「水くれる~」
「ハサミだして~」
「ブラシある?」
「鏡は?」
「充電させて~」
「着替える場所どこ~」
「包丁は?皿は?ほうきは?」

はいっ。もう、どうにでもなれ~
image



でも、

持ってきてくれた食事がふるまわれたし、なんかお正月みたいで楽しかったし、

衣装も作ってくれたし、よしとしましょう。

ただ、

このお洒落な衣装。縫ってくれたのはうれしいんだけど、襟まわりだけで…

ぼたんやら何やら、未完成で…
はっぴかな・・・

最後は必殺技のホッチキスで留めで完成!!!

そして、

たくさんの人が押し寄せた関係で、気が付いたときには、「たま」が追い出されていた…。まだ子猫な上に連れてきてからは外に一度も出してないので、もう一生会えないか…。こんなお別れ嫌だ~、、、と思っていたが、夜にはしっかり帰ってきた。

これもよしとしましょう!
image
トカゲを仕留めた。野生。


そして、夜の部。

再びの合唱。みんなで、楽しく歌って踊って最高だった。
そしてグランドフィナーレはこちら。
image

サプライズの暗転かと思いきや・・・

ただの停電。

懐中電灯の中幕を下ろしたのである。





そして、翌日学校が再開された。
いつもより明らかに静かである。

一応、登校してみると…
image
この事態。

「疲れたな~、行きたくないな~」なんて思っちゃうとき。
日本だとそんなときこそ歯を食いしばって頑張るのが大切だと教えてきたが…、


ソロモンでは、心の状態と行動とが完全に一致。
「行きたくないときは行かない。疲れたら休む。」
正直者が多いのだ。

さて、いつになったら生徒たちは戻ってくるのだろうか・・・

image
「たま」のおかげでネズミを見ることがなくなった。
やっぱ、ネズミにはネコだ。

ネズミの件は少し落ち着いたが…


乾季がやってきた。
雨が減った。


レインタンクが常にピンチだ。

前の家は一人で使っていたので、乾季でもじゃんじゃん水を使っていたのだが、
今はお隣さんのレインタンクが壊れているので、共同で使っている。
さらに、学校も近いので、生徒たちも勝手に水を使っていく。

常に、残量を確認しなければならない。


最重要事項は飲み水の確保、それから、朝夕の水浴びだ。


なので、洗濯は近所の井戸に行って…。
image


そして、トイレなんかにきれいな水を流すなんて…、もはや罪の意識。

洗濯で出た排水か米のとぎ汁、ないときは流さない、を徹底している。

水って大切。

蛇口からいくらでも水が出るって贅沢なことと感じる。


さて、水を勝手に飲むということだが、この国のものをシェアする感覚が凄い。

自分のものと他人のものとの境界線が低い。

実は、人の家のレインタンクの水を勝手に飲むことも普通のことなのだ。

自分で買ったお菓子も、誰かが買ったジュースも、どんなに小さい食べ物も…、「あなたにあげる」って渡したお菓子も…、全てそこにいる子どもたちで分ける。
image
1つのカボチャをシェア。

道具もみんなでシェアしあって使う。
image
image
このラッツアンドスターサングラス毎日違う子がかけている。もう誰が持ち主なのかわからない。


「勝手に使うな!!」と怒っている自分がすこし恥ずかしくなったことがある。

「あなたにあげる」ってみんなに見つからないようにこっそりあげたのに、みんなで分けている姿を見たとき、少し恥ずかしくなったこともある。

でも、自分のものを勝手に使われていてイラっとしたこともある。

図々しいお願いにイラっとしたこともある。



村人たちに暖かく迎えられていることに嬉しく思うのだが・・・、ソロモンの人たちと深く関わりたいと思うのだが・・・、


「冷蔵庫使わせてくれ」

「薬をつけてくれ」

「充電させてくれ」


日本だったら何も考えずに「どーぞ」で済むこと、決してやってあげたくない訳ではない。

異国の地、この途絶えることのないお願いにどう対処するのか。とても難しい。


最初の頃は、日本から持ってきたものにも限りがあるし、みんなにお願いされても適当にごまかして全て断っていた。


だが、ソロモン人と親しくなってきたり、いろいろ助けてもらうこともあったり、シェアの文化を知ったり、

全て断るのが申し訳なくなって、少しくらいは・・・、から、結構やってあげるようになった。

全て断るか、全て受け入れるか、そうしていれば迷うことはないのだが、
「やってあげる時もあれば断るときもある。」

この線引きとても難しいと日々感じている。


現状は、自分の機嫌と気分しだい。

ただ、やってあげてもあげなくても後からネチネチなんてことはない。後腐れない性格か忘れちゃうだけなのか・・・、そんなソロモン人に救われている。
image







「ANNIVERSARY FESTIVAL」
5月21日から23日までお祭りが開催される。

なんと、ソロモンの副首相も来られるらしい…
あと、相当数の参加者があるらしく、結構気合が入っていた。

 じゃあ、準備も念入りかと思いきや、

突然あわただしくなるのがソロモン流。
土壇場に驚異の頑張りを発揮するのがソロモン流。

今週、突然猛烈に忙しくなった。

いきなり授業がなくなって準備になったり・・・、
image
クリーンアップということで雑木林を伐採する。前日なのに・・・、
image
この森どこまで切り開きましょうか?

朝起きたら、教会への道がデコレーションされていた。
image
運動会かな?

突然、爆音で歌の練習が始まったり、
image
気が付くとダンスしていたり、

すべてが突然なのだ。


「ダンス参加するよね。」と以前住んでいた村の住人からのお誘い。
「する~。」

「歌うよね。」と今住んでいる村の住人からのお誘い。
「する~。」

「歌って踊るよね。」と校長からの命令。
「します。」


ってな訳で「いいえ」と言えない日本人。
片っ端から参加することにしてみた。
いや、参加することになっていた…。


ただ、この練習に参加するのがとっても大変。

「何時から練習?」との問いの答えがいつも「イブニング」なのである。

「フォー?ファイブ?シックス?」と聞き直すと力強い「イブニング」が帰ってくるのである。


放課後は学校での歌練習をしてから、
教会を2か所はしごするというハードスケジュール。

何となくソロモン時間がわかるようなったつもりだったが、

3時間以上待っても練習が始まらなかったり、行ったら終わってたなんてこともあり、

まだまだソロモン人にはなり切れていないようだ…。


練習の様子はというと…

大人も子どももものすごいエネルギーなのである。
image



叫んでいる子どもたち

走り回っているこどもたち

そんな子どもたちを追いかけているお姉さんたち
「静かにしろー」と叫んでいる大人たち

その隣で爆笑している大人たち

なぜか乱入する犬


「そら、授業なんて静かに受けられないよね」って…


「とにかく楽しく。」ただそれだけ。
image


規則規律集団行動時間の感覚なんて邪魔なくらいだ。


練習が始まるまでの異常に長い待ち時間もイライラしてる場合じゃない。

遊ぶしかない。その一瞬を楽しんだもの勝ちだ。


ただ、付け加えておくが、歌もダンスもめちゃめちゃ上手なのだ。



静かに指示を聞いて指示通りに動く。
限られた時間の中で集中して取り組んで結果を残す。
時には苦しいときもあるけど、みんなで協力して乗り超える。

日本ではそんなこと意識していたように思う。
もちろん、それも大切なことには変わりない。


ただ、歌やダンスを通して村のみんなと笑いながら過ごす時間はとっても素晴らしい時間ということも変わりない。
image


その後、夜には子どもたちが泊まりに来て補習レッスンをしてくれる。

ありがたいのだ…、
image
ありがたいのか・・・?


そして、新しい我が家も子どもたちのたまり場と化していったのである。
image


そして、
image
こうなる。

まっ、楽しいからよしとしましょう。



そんなこんなで、現地語の歌7曲ダンス3曲を1週間で覚えたのである。

いいや、何となく覚えたのである。

ソロモンでは完成度をあまり気にされることはない。

参加して、それなりに歌って踊っていればめちゃめちゃ盛り上がってくれる。


まさに、「参加することに意義がある。」

とにかく、何でもやってみるって大切だと感じる。


本番は今週火曜。

楽しみである。



↑このページのトップヘ