1ヶ月半ぶりに任地ムンダに戻った。

image
相変わらずの広い空

「クニオ~」

「久しぶりだな~」

「戻って来たか~」

いつもと変わらず声をかけてくれる。


image
相変わらずの子どもたちの笑顔


image
相変わらずの穏やかできれいな海



変わった事といえば、我が家の冷蔵庫が壊れていたことぐらい・・・。ついに、3種の神器のすべてを失ってしまった。




不便なことは山ほどあるが、この場所での生活、結構好きだ。
image



学校が始まるまでは、特にやることもなく・・・

image
黒ひげ

image
ダンスダンスダンス

image
凧揚げ

子どもたちとのんびり過ごした。


凧にウェアラブルカメラをつけてみた。これが結構おもしろい。
image
image
上空からの空港。

子どもたちも興味深々大喜びだぜ。
糸を追加してまたやろう。



そして、待ちに待った始業式・・・

もちろん
image
ご覧のような状況な訳で・・・

2時間遅れで始まった始業式も
image
ご覧のような状況なのだ。
確か、全校生徒は400人ぐらいいたはず・・・

まさに、期待を裏切らない安定感。


登校している生徒をほめるべきか、来ていない生徒を叱るべきか・・・

そもそも、先生たちが来てないか・・・


よって、来ている生徒は奇跡であると結論づけようと思う。


ただ、日を追うごとに先生方、生徒たちの人数が増える。
image



「学校は30日から始まる。」ではなく、
「学校は30日からだんだん始まる。」が正解だったようだ。


先生方がやっている仕事もそれぞれ違う。

入学、継続の手続きをしている人、
時間割を考える人、
既に授業を始めてる人、
特に何もしてない人、
来てない人、
image
結局職員室には誰もいない・・・

ただ、いつも通り誰からも不平不満もない。みんな楽しみながら過ごしている。

自分も「何かしなくては・・・」と思い
image
生徒と神経衰弱をしていた・・・。

結構手ごわい。

遊んでいるだけではない。暇そうな生徒を捕まえて
image
教室整備。整理整頓。

少しでも教室をきれいに使ってもらえるようにと願いを込めて・・・


時間に関してはもう慣れるしかない。
いや、もう慣れてしまった・・・。
イライラする必要なんてない。
楽しんだもの勝ちだ!


決められた日に、始められるよう事前に準備する。
決められた日に、全員が来る。
決められた日に、予定通りに行動する。

これらは、日本での常識に過ぎない。


そして、ようやく金曜、授業らしい授業が出来た。
image
1年生はまだまだ初々しい。



さてさて、来週からは授業も本格始動するだろう。(祈)

新年度、良いスタートを切りたいものである。
image



追記
日本より、たくさんの靴が郵便局に届いているとの連絡がありました。協力していただいた皆様ありがとうございます。今、受け取りに必要な手続き等で、校長と調整しています。
 活動に使用出来るようになった段階で改めてお礼を申し上げたいと思います。よろしくお願いします。







第2回イベント。

会場はヴァーンズクリークという首都ホニアラの郊外にある体育隊員のしょうくんの派遣先の学校。

今回も、とりあえず人集めが重要なのである。

ギターと三線、スピーカーを片手に村々を練り歩く
image


片っ端から
image
教育イベントの紹介。

歩いては
image
歌い

歩いては
image
歌い

歩いては
image
踊り


もはや、大道芸隊員なのである。

いや・・・、ストリートパフォーマー隊員にしよう!
image



さて、当日はというと・・・
まず、晴れた!!!!!!

今回は体育館的な建物がない。したがって、校庭の大きな木の下の木陰を利用して会場設営。

雨が降ったら教室で・・・、と考えていた。
晴れてくれたことに感謝。

そして準備。

待ちきれずに早くきた子どもたちが手伝ってくれる。
image
image
いい感じだ。

いつの間にか、
image
ご覧の通り!!!!

ストリートパフォーマー隊員効果絶大なのだ。きっと・・・

雨が降ったらどうなっていたのだろう・・・(恐怖)


準備完了
image


前回同様、余興からのサイエンスショー!
image
目を丸くする子どもたちに
image
胸がさわぐ。

水がこぼれませようにと祈りを込めて
image


祈りは
image
通じた~。成功~!

その他、上出来上出来!!
image



次は、ビブリオバトル
image

ビブリオバトルは読者推進の活動をしているマッスーくんがソロモンで広めようと頑張っているものだ。→ 興味ある人コチラ

日本とは違い、本を手にする機会の少ないソロモンの子どもたち。
image


緊張しながらも、一生懸命本を読む姿、
image

本の内容に興味深々静かに耳を傾ける子どもたち
image
その姿に胸を打たれた。

読書は学ぶことの基本だ。



さてさて、クライマックスの体育隊員withさっちゃん隊員によるダンスダンス☆

広がりすぎ~
image


暑すぎ~
image


自由すぎ~
image




とりあえず、大成功ということにしましょう!
image


新聞にものったし!!
image



今回のイベントで、多くの学び経験、楽しい思い出を得る事ができた。

参加してくれたソロモンの子どもたち、西山先生はじめ隊員たちに感謝の気持ちでいっぱいだ。「ありがとう!!」



日本では、受験シーズン真っ只中か・・・。

この時期は、焦りすぎ禁物。

落ち着いた生活を過ごすことが大切だと思う。


image
この道で60kmは焦りすぎやろ・・・・・・・・・


第1回イベント当日。
image


場所は首都の中心部にあるセントニコラスという体育隊員のタイガくんの派遣先。

さあ、準備万端!!やるべきことはやった。


おそろいのTシャツを作った。

お好み焼き100枚焼いた。

人を集めるよう最善を尽くした。



男全員
image
気合いの坊主にした。理由は不明。
もう勢いしかない。


ただ・・・、人が集まるかだけが心配だった。


時間が守られない。
約束が守られない。
しかも、不運にも雨。


しかし、最初こそ少なかったのだが、
image
300人ぐらいはいたか・・・?いたことにしましょう。


もう、気合い入りまくり。


しかし、トラブルは付き物。


雨のためドラム缶を加熱するための火がつかない・・・。
そこで、リーフハウス(葉っぱと木で作った小屋)の下で火をおこした。

火事にならなくて良かった・・・。
日本では絶対に真似してはいけません!

ってか、リーフハウスないか・・・


スポンサーのtelekomが予定時刻に来ない。大幅に遅刻・・・
とりあえず
image
三線と歌でしのいだ。



そして、いよいよサイエンスショー。
image



image
空気砲でカツラ落とし!

image
空気砲でカツラ落ちない!


image
戻ってくるはずのブーメラン。


image
状態変化!フラスコに吸い込まれる風船。


image
コーラにラムネを入れる。

image
ただただ面白い。


image
化学変化!万能指示薬を入れ色が変わる!


image
高温多湿な国と無縁な静電気・・・!衝撃強い。


大気圧。水を入れたコップに厚紙をのせ反対向きにすると・・・
image
全員びしょぬれに・・・、失敗。

面白かったからいっか。


そして、
image
大気圧でドラム缶を潰す。

しかーし、失敗・・・。リーフハウスが遠く運んでいるときに水蒸気が出てしまったのか・・・

再度やり直すことに・・・

やり直しは・・・・・・、なんとか成功。
あんなにドラム缶に祈りを捧げたことはない・・・

とまあ、多少の失敗はあったものの、
image
成功といっていいでしょう!!


次は、
image
ダンス。

体育隊員とサチエ先生の出番。
image
image
image
子どもたちも最高の笑顔も見ることができた。
もう、めちゃめちゃ楽しめたのである。



今回のイベントは理科教育の先輩隊員の西山先生の熱い思いから始まった。
そこに、多くの隊員やソロモンの方々が賛同し、計画が進んだ。
それぞれの特技能力個性を発揮し実現させることができた。


まさに、協力隊の活動。学べたことは多い。
image




実はこのイベント第2回もある。その模様は近日中にお伝えしょうと思う。


ちなみに、協賛のtelekomのfacebookに当日の様子が上がっている。お時間ある方は是非!

telekomのURLはこちら





↑このページのトップヘ