1週間お休みを終え、Term2の10週間が始まった。


新学期はどうかというと・・・。


明らかにたるんでいる。

Term1のときに感じた「今年は何か違う・・・」といった雰囲気はどこへやら・・・


生徒たちの出席率も低下。

先生たちの出勤率も低下。


職員室の時計も止まってしまった。


1週目は準備期間なのか・・・?


今週からは、みんなが来ますように…

時計が動き出しますように…


祈ることしかできない。



さて、最近の授業はというと、
image
日本から持ってきた
image
アルコールランプが重宝している。
中学時代の恩師に頂いたものだ。ありがたい。

image
アルコールの燃焼でコップを吹き飛ばす実験。
去年もやったがめちゃめちゃ盛り上がる。

image
マグネシウムを燃やしてみた。

ぼちぼち楽しくやっている。

ただ、授業中に
image
捕まえた鳥を持ち込むのは止めてもらいたい。

後で食うんだって・・・、、、

image
最近は他の理科の先生も日本から持ってきた器具を使ってくれるようになった。

マグネシウムをお酢にいれて水素が発生する様子を見ている。




突然だがソロモン学校あるあるを紹介したいと思う。


・チョークが異常に折れる。


・板書はボールペン、空中を飛び交う修正液。


・どんな簡単な計算も電卓使用。


・「腹が減った。」という言い訳は無敵だと思っている。


・黒板消し行方不明事件多発。


・「喉が渇いた。」といえば授業を抜け出せると思っている。


・授業中先生が教室を抜け出す回数が異常。


・みんなで手をつないで登校する。


・リアクションは「セェーイ!!」


・みんな幸せそう。いじめなんて絶対にない。


とまあ、毎日楽しく学校生活を過ごしている。


自分自身がソロモンライフに慣れてきている。

もう腕時計はつけていない。


帰国後、社会復帰できるか心配でならない…。



今週は縁あって、茨城県の岩瀬日本大学高校の生徒さんたちとテレビ電話を使って交流することができた。
image



今回は、時間帯が17時(日本時間15時)ということで、学校に生徒がいる時間ではなかった。

「戻ってきてね・・・。」と約束しても実際に来るかはわからない。


ということで、たくさんの生徒にアナウンスはせず・・・、

そのとき、家の近所で遊んでいる生徒を捕まえて協力してもらうことにした。


「もし遊んでいなかったら・・・」
なんて心配したあなた。

絶対大丈夫。


なぜなら、絶対に遊んでいるから。


雨だろうが、大雨だろうが、ゲリラ豪雨であろうが、
絶対に遊んでいるのである。


むしろ、ゲリラ豪雨のときの方が、一番派手に遊んでいる。


というわけで、3名の生徒を捕まえて、予定通りテレビ電話交流会を行った。
image



「what is your name?」から始まり、

 家族のこと、好きなスポーツのこと、将来の夢のこと、それぞれの国のこと…


簡単な英語を使って会話することができた。

今回は、参加人数も双方合わせて7人だったので、1時間近く時間をかけ交流することができた。

良い学びにつながる国際交流ができたのではないかと思う。
image



ソロモンのボーイズたちは年頃ということもあり、
日本の女の子とお話ができただけで、大満足という感じ…。

楽しんでくれていたからよしとしよう。

さて、縁あって今回のテレビ電話が行えたのだが、

この「縁」、結構奇跡的な出会いに始まったので紹介しておきたいと思う。


数年前カンボジアを訪れた。

一人旅ということで、それなりにドキドキしながら、ホテルまでたどり着いたのだが、

そこで、衝撃的な事実に気が付いた。


自分の荷物がないのである。


そう、自分の荷物だと思って大切に運んできたバックは、同じタイプの別人のバックたったのである。


もう、衝撃…


とりあえず、ようやくたどり着いたホテルを後に空港に戻った。


空港では…。

はいっ。
image
仲良く並んだ同じバック。


このバックの持ち主こそ、今回の交流した学校の先生だったのである。


同じバックじゃなかったら・・・
バックを取り違えてなかったら・・・



人との出会いは面白い。

人との出会いは何があるかわからない。

改めて出会い、つながりを大切にしようと思った。




1term終了。

ソロモンの学校は10週で1termその後は長期のお休みになる。

ってな訳で今週は1週間お休み~!!

そして、このタイミングで日本から友人が遊びに来てくれた。しかも、新婚旅行で・・・、


「結婚式行けないけど・・・、、結婚おめでとう~!!!新婚旅行ソロモン来ちゃえば~。」

な~んて、言ってみたら・・・

「行きま~す。」っとまさかの事態に・・・

この夫婦ただ者ではない予感。。。
image



という訳で、約1週間ソロモンライフを堪能してもらった。


ムンダへようこそ。
image
写真は友人とヨット世界一周挑戦中の宮本さん夫妻


早速、子どもたちとカヌーで海へ繰り出した。
image


戦跡巡り。
image
日本軍の飛行機
透明度が今までにないくらい良かった。
image

フロント部分
image


船も見に行った。
image


翌日は、ヌサラタ(近くの無人島)に
image
ボートで向かいだらだら過ごす。
image




翌日は、他の隊員も合流。

ちょっと遠出して・・・、バスとボートに揺られること約2時間、
image
途中コロンバンガラという火山を横目に
image
ギゾという別の街に到着。

image
ギゾマーケットで買い食い。


さらに、
image
トラックの荷台に乗って1時間
image
三線は欠かせない

サエラギという村で1泊。
image


海は最高にきれいだ。
image


ただただ、のんびり過ごした。
image


埼玉県民の集い。in GIZO
image


image
この自転車も
image
埼玉県出身。

そんな埼玉と姉妹都市かもしれないギゾを後に、翌日にはムンダに戻った。

ムンダでは、
勤務校を見学してもらったり、
image
教室にも潜入
image


手動式の洗濯機を使ってもらったり、
image


ソロモン人のお宅にてソロモン料理を食べたり、
image
奥の人は日本人です。

空港で星空を眺めたり、
image
残念ながら
image
満月が明るすぎて星が見えず・・・

ソロモンらしさ全開で過ごせたと思う。


もちろん、トラブルは多々あった。

お願いしていたボートに乗れなかったり・・・、

ボートが出たと思ったらエンジンが壊れて手漕ぎで戻ったり・・・、

大雨の中ボートに乗るのは空から槍が降ってくるのと同じくらいの威力があると知ったり・・・、

夜にネズミの大運動会が開催されたり・・・、

トラックの荷台は相当お尻へのダメージが大きかったり・・・、

完成しているはずのお土産が未完成だったり・・・、



まっ、それらをひっくるめてソロモンでの旅行を楽しんでくれていたらと思う。

少なくとも、ソロモンの子どもたちは日本人と過ごした時間を楽しんでくれた。

来てくれてありがとう!!!

そして、結婚おめでとう!
image
末永くお幸せに!!!


また、今回の休みで別の任地から隊員が遊びに来てくれたり、ギゾで活動中の隊員が迎えてくれたり、ムンダ滞在中のヨット世界一周挑戦中の宮本さん夫妻と食事会をしたり、
image


たくさんの日本人と会うことが出来た。


うーん。
日本語って素晴らしい。


さあ、ソロモンに遊びに来ちゃいたくなった人いつでもどうぞ。ソロモンの良さを少しでも多くの人に知ってもらえたら・・・なんて思っている!!

さて、来週からの授業に備えて準備するとしよう。









↑このページのトップヘ