1週間お休みを終え、Term2の10週間が始まった。


新学期はどうかというと・・・。


明らかにたるんでいる。

Term1のときに感じた「今年は何か違う・・・」といった雰囲気はどこへやら・・・


生徒たちの出席率も低下。

先生たちの出勤率も低下。


職員室の時計も止まってしまった。


1週目は準備期間なのか・・・?


今週からは、みんなが来ますように…

時計が動き出しますように…


祈ることしかできない。



さて、最近の授業はというと、
image
日本から持ってきた
image
アルコールランプが重宝している。
中学時代の恩師に頂いたものだ。ありがたい。

image
アルコールの燃焼でコップを吹き飛ばす実験。
去年もやったがめちゃめちゃ盛り上がる。

image
マグネシウムを燃やしてみた。

ぼちぼち楽しくやっている。

ただ、授業中に
image
捕まえた鳥を持ち込むのは止めてもらいたい。

後で食うんだって・・・、、、

image
最近は他の理科の先生も日本から持ってきた器具を使ってくれるようになった。

マグネシウムをお酢にいれて水素が発生する様子を見ている。




突然だがソロモン学校あるあるを紹介したいと思う。


・チョークが異常に折れる。


・板書はボールペン、空中を飛び交う修正液。


・どんな簡単な計算も電卓使用。


・「腹が減った。」という言い訳は無敵だと思っている。


・黒板消し行方不明事件多発。


・「喉が渇いた。」といえば授業を抜け出せると思っている。


・授業中先生が教室を抜け出す回数が異常。


・みんなで手をつないで登校する。


・リアクションは「セェーイ!!」


・みんな幸せそう。いじめなんて絶対にない。


とまあ、毎日楽しく学校生活を過ごしている。


自分自身がソロモンライフに慣れてきている。

もう腕時計はつけていない。


帰国後、社会復帰できるか心配でならない…。