国民の95%以上はキリスト教だ。


「君はクリスチャンか?」と聞かれることがある。


一応「仏教徒だ。」と答えていた。


「仏教徒は普段はどんなことをしているんだ?日曜に教会には行くのか?」

との問いにいつも困ってしまう。


「う~ん。教会には行かない。新年に初詣に行くかな、あと普段は・・・、」


「じゃあ、日本人は日曜日暇だな・・・。。。」


教会には行かなかったが、日曜日もそれなりに忙しくしてたかな・・・。

仏教徒でもクリスマスはパーティーするかな、最近はハロウィンなんてのも・・・、


そんな感じで、自分の信仰については、歯切れの悪い答えになってしまう。



「教会来ないか・・・?」と生徒から誘われたのをきっかけに、1月から教会に通っている。
image



教会に通いだしてから、ソロモンでの生活激変した。


むちゃくちゃ忙しい。


多いときには週5で教会なんてときもある。
そして、時間が尋常じゃないくらい長い。
平日は夜8時頃から始まるのだが、終わる時間は12時近いなんてこともある。


日曜日に至っては、午前が9時ごろから13時ころまで、夕方も3時から5時ぐらいまで・・・

1日つぶれてしまう。


何をしているのかというと、みんなでお祈りをしたりお話を聞いたり、讃美歌を歌ったり踊ったりしている。
image




あと、先週はイースター(キリストの復活祭)で行事があり、その準備なんかもしていた。
image
復活祭の劇にて

この劇にかける気合いがはんぱない。
image
image
image
この衣装を着て村全体をステージにして行うのだが、ドラクエの世界をしのぐ臨場感があった。


こうして教会の行事に、休むことなく参加し続けている。


ただ、はっきり言うと結構楽しい。


小さい子どもからお年寄りまで一緒になって讃美歌を歌ったりダンスしたり、
image
とても心地よい。


また、食事会や合唱祭なんかもあっていつも誘ってもらえるようになった。

image
カラオケ大会的な催し、まさか夜中の3時まで続くとは・・・


今までは子どもたち、生徒たちとの関わりしかなかったのだが、

今は、村の大人も含めて大半の人とコミュニケーションを図れるようになった。

ここでは、教会通いを続けようと思う。

「郷にいては郷に従え。」

ただ・・・、
「コウモリのお肉美味しい!」って言ったけど、

「これあげる」って、物干しに
image
ぶら下げるのは止めてもらいたい。