テスト習慣。

月曜の朝8時。学校が開かない。
image



先生たち、テストづくり必死でやってたから…
前日の夜…、しかも深夜まで…。


頑張ったら休憩する。
これ自然の摂理。


学校が開かない。
これ当然のこと。

間違えて、時間通りに来ちゃうと教室に入れない…


ただ、誰も文句を言わない。
座ってのんびり過ごす。
時間に追われる必要なんてない。


その後、

約1時間遅れでテスト開始。


1時間だけ!!!
早っ、と個人的には思う。みんな頑張ったのだ。

そして、今回のテストはというと…


とりあえず、

あわてず落ち着いて受験すること、不正行為の禁止、正々堂々と受験することを伝えるために教室へ行った。


すると、

「机と椅子たりませ~ん。」…


いつもは欠席生徒がたくさんいるのに、テストは受験したいのか…

久々の満員御礼。。


はいっ、あわてた~

落ち着いて試験どころか、朝から駆けずり回る事態…。


何とか机椅子を確保し、テスト開始。
image



そして、試験中

明らかなるカンニングが減った。

空中を飛び交う文房具が減った。

とめどない「ヒソヒソヒソ、コソコソコソ」が減った。


もしかしたら、そんな気がするだけなのかもしれないが、
思ったよりちゃんとやってくれた。


直前に、カンニングについて熱く語ったからか…、

前回あまりにカンニングが多くて怒ったからか…、とにかく、気持ちよく採点しようと思うレベルで試験に取り組んでくれた。


ただ、目が合うと満面の笑みなのは変わらない…

もう、怪しくて仕方ない。
image
これでも一応試験中。
机に座ったり、後ろ向いたり、立っていたり、
信じよう・・・・・・


そして、採点の山。

出来はというと……

相当苦戦を強いられている…。

テストが難し過ぎるのか・・・、
教え方が悪いのか・・・、
言葉が通じてないのか・・・、

いろいろ考えるのだが、生徒たちは決して他人の責任にはしない。

「勉強全然しなかった・・・。」と謝罪してくる。
テスト中、テスト用紙にメッセージを書いてくれる。
image
Kunioはナイスだ!と誉めてくれる。けど、テストはできないと謝罪文付きで・・・、

いやいや、もっと頑張れよ・・・
と、突っ込みを入れたくなるのは、私だけでしょうか。

自分が学生のときは、上手く行かないことがあると、自分の反省点はさておき、都合の良い誰かを見つけて、責任を押し付けていた。そんなことが多かったように思う。

誰かを非難することより、素直に反省する。
成長への基本だと感じる。
ただし、反省を次に生かせれば・・・・・・
なかなか、生かさないんだな~


さてさて、
この理科の授業については悩みが山ほどある。


生徒たちの現在の学力を考え、教えた方いいと思うこと。

National exam(ソロモンの入試のようなもの)に備えて教えなければいけないこと。


この2つがどうもかみ合わない。


基本的なことをしっかり教えたいのだが、

難しいことをたくさん教えなくてはいけない。そんな感じだ。


日々葛藤である。


ただ、生徒たちは勉強ができようが、できまいが、そんなに気にしていない。


「少しぐらいは気にしろっ!!」って思うこともあるが、


いつも明るく、とっても優しい生徒たち。

それでいい!!とも思う。



今週、最後の1週間。
しめくくりを大切にしようと思う。


大切にできるのかは謎だけど。

とりあえず、
image
釣りにでも行こう。