Term2が終了した。
長期休みになった。

最後の1週間は授業がない。

月曜日は掃除、
image

火曜日は大掃除、
image

水曜日はスポーツ、木曜日は修了式

あれ…?、金曜日は…?

1日前倒しでお休みに突入~~~


採点も急ぐ必要ない。
生徒が掃除中に採点すればよい。
採点完了後、返却する。

答え合わせ、解説なんてない。

テストは終わった後が大切。
「間違えた問題は必ず復習しよう!!」なんて…
日本での常識に過ぎない。

点数を見て、一盛り上がりして終わり…
ただの、紙きれと化す。

是非、答え合わせと解説を…、、、と教室に行ったのだが…

自由を勝ち取った生徒たちに聞き入れてもられる余地はない。

いや、そもそも教室にいない。すでに解き放たれているのである。

解説どころか、生徒を捜索し、返却するだけでも達成感が味わえる。


そんなこんなでお休みに突入したのである。

海に食糧調達に出かけ、
image
image


畑を耕し、

滑走路を散歩し、
image


教会で歌を歌い、
image


海をのんびり眺めて、
image


お家でだらだら過ごすのである。
image



そんなときの食事は、外でバーベキューも悪くはない。
image


薪を集めるところから始まる。
image



一日のしめくくりは、満点の星空シャワーを見ながら雨水を浴びる。

生きること以外に時間を割く必要がない。

そんな毎日もなかなか良いもんだと思う。