image
「海外暮らし1年になります…。」なんて聞くと…、もう、外国語ぺらぺらやな~!!なんて思っていた。
しかし、自分に置き換えると、どうだろう……
日常生活(買い物とか移動とか…)は伝えたいことは伝えることができる。
image
外国人に対して気軽に話かけられるようになった。決して成長してない訳ではない。
ただ……、やはり、きちんと努力しないと、たかが1年住んでいるだけで言葉はマスターできない…、、、と感じる。

最近、村人たちも同僚の先生も私が外国人(日本人)ということを忘れつつあるように思う。
image
もう、ものすごい勢いで話かけてけてくる。勢いが凄すぎて聞き取れないことが多々…。
もう聞き返すのも悪いし…、ただの雑談に違いないし…、ってことで、得意の愛想笑いで対応する。

そして、何より困るのが授業だ。愛想笑いって訳にはいかない。
image
電磁誘導、誘導電流、モーターの仕組み…、一応、英語で説明しているのだが…、
生徒たちからの「???」の雰囲気がどどっと押し寄せてくるのである。英語で台本を書いて読むときもあるのだが、それはそれで伝わっていないような気もする。

英語だけでなく、ソロモンの共通語であるピジン語、地元の言葉であるロビアナ語、最終手段の日本語、これらの言葉を駆使して何と教えているのだが…、まっ、精進します。としか言えないのである。

そんな授業の様子を少し紹介。
Form1(中1)は今、顕微鏡での細胞観察。あとは、光の反射と屈折。去年も同じ内容を教えていたので比較的余裕がある。一度経験しておくことって大事だと感じる。
ガラス越しにペンを見る。光の屈折の認。
image

顕微鏡で小さな生き物の観察。
image


Form4(高1)は、電流と磁界、今は運動と力。
image
エナメル線とマグネットを使ったモーター作り。
image
思いの外大好評だった。
先生方も興味深々。
image
授業は40分×8コマ、今は週30コマ教えている。実質2コマ続きなので80分×15コマって感じだ。

いろいろ悩むこともあるが、思考錯誤を楽しみながら何とかやっている。

後は帰任後にも実験が行われるように、ソロモンでできそうな実験のやり方と写真を残すようデータをまとめている。

残り半年・・・、自分ができることはどんどんやっていこうと思う。