日曜の朝。
一週間の始まりは「SUNDAYSCHOOL」から始まる。
村の子どもたちと先生(村の大人)が集まり、聖書の勉強、歌の練習なんかをする。
image
時には「自分の気持ちをしっかりコントロールしなさい」とか「タバコ、酒、マリファナはだめだ」とか、日本だと道徳でするようなお話を聴いたりもする。
image
ここには地域で子どもたちを教育する場がある。常に村の大人が子どもたちの周りにいる。これが普通のことのような気もする。
image

先日、突然「日本の宗教について話してくれ…」とふられた。何度か宗教について聞かれたことがあるが…、いつも返答に困る。仏教…、神道…、鳥居…、大仏…、初詣…、お経…、これが難題だ。
私自身、多くの日本人と同じように、信仰に対して強いこだわりがない。自分の宗教を意識しながら生活していないし、クリスマスと正月が同居していても特に違和感なく受け入れている。
このことが、奇妙なことなのかそうではないのか、よくわからない。
image
ソロモンでの生活は、キリスト教なしでは語ることはできないほど人々の生活に密着している。教会に通い、ありとあらゆる場面でお祈りをし、讃美歌を歌い、神様に感謝をする。
image
その他、物事のとらえ方においても違いがあると思う。
これを機に、日本人の宗教について少し勉強してみた。翌週、簡単に発表してみたのだが、子どもたちは非常によく聞いてくれた。
image
理科の授業以上に…
宗教について興味があるように感じた。
「SUNDAY SCHOOL」が終わると礼拝が始まる。讃美歌を歌い、お祈りをして、聖書を読んで、お話を聴いて…、2時間ぐらいで終わる。すでに時刻はお昼を通り越している。夕方から再び礼拝が始まる。夕方も同じような内容で2時間ぐらい。その後、enene veluvelu (現地語で夕方の散歩)して夕日を眺めて日曜が終わってゆく。
image

月曜日の夜。
「SUNDAY SCHOOL」の生徒たちと病院に行く、入院している人達に向けて歌を歌いに行く。
image

木曜日の夜。
「YOUTH」の集まりがある。
image
村の若者たちの集まり。お祈りをして、歌って、踊って、落ち着いて静かにというよりはみんなで楽しく歌って踊ってという感じ。だいたい20:00ぐらいに始まって23:00ぐらいまでやっている。
そして、金曜の夜。
image
ここの村は4つのグループに分かれている。そのグループごとに礼拝がある。誰かのお家に集まってお祈りをする。毎週「今日は○○の家ね。」なんて感じで連絡される。お祈りをして歌を歌う。少人数で家族のような感じで、なんか落ち着く。

とまあ、定例の集いだけでも結構いろいろあって大変だ。他にも復活祭(イースター)や収穫祭、ファンドレイジング(寄付金集めの集い)なんかもしょっちゅうあり、準備も含めると結構忙しい。先週はファミリーウィークとやらで1週間毎晩3時間ほどの聖書の勉強会があったりもした。
image

こんな感じで一週間・・・、

教会の行事を通して村人たちと過ごす時間、結構楽しんでいる。