先週1週間「ラグーンフェスティバル」開催された!!
image
毎年9月に催されるお祭りらしい。去年はなぜか12月にあったけど・・・。首都にいたため参加できず・・・。

どんなお祭りかはよくわからないが、アイアンマンレースに出場したいと思っていた。
image
走る→2km 泳ぐ→1km 自転車、、、ではなくカヌー→1km
トライアスロン的なレース。
よし、エントリーだ!!参加は無料!!カヌー…、、ゴールできるかな…
「大丈夫だ、酒飲んででるやつもいるから何とかなるぜ!!」
image
その言葉を信用しエントリーしてみた。
なんか他にも、釣り選手権とか、水泳レースとか、なんかいろいろあった。
調子にのって、水泳のレースにもエントリー!
「明日は何時にスタートだ?」
「朝起きて、水浴びして、休んで、飯食ったら来い!!!」とのこと、、、
image

「オッケー!!!」すべてを受け入れる。
でも、学校なんだけどな~

さすがに、授業をつぶしてまで参加できないし、しかも、よりによって会議なんて…
参加できなくてもしゃあないか~、と思ってたら…

生徒たち、、欠席めっちゃ多いけど、、どした?
先生方、、、欠勤めっちゃ多いけど、、どした?

さて、おわかりだろうか?
そう。なんとみんなしてお祭りに行っているのです。理由は簡単。お祭りは授業より楽しいのです。でも、私は日本人。会議までしっかり参加し、放課後堂々とお祭り会場へ!!!

ただ、学校休んでお祭りに参加していう先生も、生徒も堂々たる存在感。。。
image
ちょっとぐらい悪びれて欲しいものである。
遅れて到着したので、
「もう、終わっているだろーなー。」なーんて思っていると、
「KUNIO、KUNIO、KUNIO」
アナウンスでKUNIOが連呼されている。
「レースだ。早く行け~」
「ん?水泳か、アイアンマンか?」
とりあえず、船に乗れ!!!
image
そして、海のど真ん中に捨てられたのだ。
えっ?このレースの参加者5人しかいないの?
「ON YOUR MARK SET GO!!」
そして、遥かかなたの陸地を目指して5人で泳ぐ。
image
この5人、私以外は本気のレースを仕掛けてきたのである。どうやら賞金が出るらしい。
「どこに酔っ払いがおんねん!!!」
平泳ぎでのんびりのはずが、クロールで必死に泳いだ。
感想を述べると、、、、
めっちゃ疲れたのである。いや、めちゃめちゃ疲れたのである。
海のど真ん中、命の危機を感じたのである。
ただ、近くに救助用カヌーがいてくれたのが本当に助かった。
もちろん5人中圧倒的5位でゴール。
運動会でよく見かける光景…、
image
最下位だけど拍手をもらいながら…
と思いきやここはソロモン。。。
最後まで頑張ることへの美学はない。
観客席に目をとやると、冷ややかな眼差しが向けられただけであった。

ゴール後に優しく迎えてくれた生徒たち・・・
「最下位だっただろー」(爆笑)
image
許さん…。

次の放送
「アイアンマンレース。KUNIO、KUNIO」
いやいや…、、、連続過ぎるでしょ、、、
あえなく棄権した・・・。
逃げたわけではない。大人の判断だ。
image
このレース誰もが真剣。酔っ払い情報を私に吹き込んだ人が酔っ払っていたのだろう。
そして、アイアンマンレースに出場したわが教え子は3位に入賞を果たした。
が、、、救急車で運ばれていった。
image
彼が、救急車で運ばれたという驚きと、救急車なんかあったんや、という2重の驚きがあった。
教え子は、翌日もレースに参加できるほど軽症だったのでご安心を。

さて、その他の催しはというと
ココナッツ早剥き対決
image

ココナッツのかご早作り対決
image

ココナッツ早かきだし対決
image

釣り対決
image

誰が一番長く潜ってられるか対決、のど自慢大会、ダンス大会
image


盛りだくさんだった。ただ、予定も段取りもまったくない。ルールの説明もその場で行う。1つの催しが終わっら、次の催しの準備から始まる。事前準備なんて言葉はない。ただ、予定を立てたところで1時間に一度は必ずスコールがやってくる。
image
その都度中断するので、予定なんてないくていいのかもしれない。まあ、みんなが楽しんでいるなら目的達成しているのか…。

さて、最後に、このフェスティバルの総合司会は同僚の先生であったことを伝えておこうと思う。
image
仕事せいっ!!