平和を脅かす事態が発生した。

「隣村のワニが逃げ出したよ~。海は危険だから気をつけろよ~。」

そんな情報が舞い込んできた。

そのワニ…
以前紹介したワニだ。体長2~3mぐらいある結構巨大なやつ。
image
日本だっただら全国ニュースレベルで騒ぎになるところだろう。ただ、ソロモンでは、さほど緊張感はない。
image
まぁ、隣村だし、そうそう簡単に遭遇するもんでもないか…。って思っていた。
image
「はいっ。いた~。いつも水浴びしている海に…、いた~。」
image
30mぐらい沖を平然と泳いでいた。恐怖。

「このワニどうするの?捕まえるのか?」

「無理だ。あんなでかいのは捕まえられない。銃で撃ち殺すしかない。」

「そっか。銃なんてあるのか…?」

「ない。」

 さて、このワニどうなるのだろうか。

 事故事件にならないことを祈るだけである。

 
さて、10月下旬ともなると、紅葉の季節といいたいところだが、こちらはクリスマスという言葉を耳にするようになってきた。

暑いし、まだ10月だし、そんな感じ微塵もしないが、、、そう思っているのは私ぐらいで、「もうすぐクリスマスだな~。パティーだ~。」とみんな楽しみにしている。

そして、クリスマスの準備のためにはお金がいる。そこで、地域主催の祭りが頻繁に行われる。

 食べ物を売って、歌を歌って、献金をして、そうして、少しずつお金を集めていく。
 
もう、毎日のようにどこかでお祭りがある。
image

食って
image
歌って
image
踊って
image
また食って
image
また歌って
image
また踊って
image

そして、このお祭り平日でもお構いなく、夕方から夜中の1時・2時まで当たり前のように行われる。
image


image
準備も前日に村人たちで協力、分担して行う。子どもたちから老人まで、みんなで準備をしてみんなで楽しむ。

司会は俺に任せて
image


 
また、学校で仕事していると…
「今日お前の村でお祭りだろ?行かなくていいのか?」

そう。日本とは明らかに優先順位が異なる。
image


仕事よりも、地域、親戚、家族、当たり前のように優先される。
image


「今日は地域のお祭りだから…」
「今日は親戚集って食事会だから…」
「今日は家族の誕生日だから…」

日本にいたときはそんな理由で仕事を休むなんて…、そんな風に考えいた。

「仕事」って…
どうあるべきなのだろうか…
image

 最近話題の働き方改革ってやつか。
image


お祭りではっちゃける村人たちと一緒にはっちゃけながら、
image
そんなことを考えていた。ソーランソーラン。