3月は別れの季節。
それを感じることもなくムンダは本日も安定の夏日。
image



さて、昨日Skypeにて拝中と交流した。

心配ごとはただ1つ。
土曜に生徒が集まってくれるかということ。

前日の集会で400名の全校生徒の前でアナウンスをした。

「明日行くからー」「俺も日本人と話すぜ~」「楽しみ~」
な~んて、100人ぐらいから声をかけられたのだが、
image
集合したのは6人!
はいっ。0じゃなくてよかったー
ってことにしておきましょ~。


参加した生徒たちは生まれて初めての経験にとっても緊張していたが、終わってしまうと「すごく楽しかったー。」と興奮が収まらない様子だった。

日本の学校のこと食べ物のこと、スポーツのこと、何となく質問していたのだが、終わった後で、更に興味が高まったようで、日本についてもっと知りたいと思ってくれたようだった。

もともと、ソロモンの生徒たちは日本を割と身直な国とし捉えてくれているように感じる。その理由は、第二次世界大戦に激戦地であり、数多くの日本兵が駐在していたこと、現在も車やモーター、船などたくさんの日本製品が使用されていることなどがある。

今回の交流も日本を知る良い機会になったと思う。

日本の様子はどうだったのだろう?
生徒たちにも気にしていたのでコメントや感想なんかもらえるととても助かる。


ただ、ちょっと、電波状況が悪く不完全燃焼感が残った。今後も小規模でも構わないので機会を作りたいと思う。協力者求む。

今回頑張った生徒会長と副会長
image
とっても緊張していたが、よく頑張ってくれた。




当日は7人だったが、前日のリハーサルでは、我が家に遊びに来ていたたくさんの生徒たちに協力してもらった。
image
同じくみんな興味深々、楽しんでいた。



最後に、お忙しい中、時間を割いて準備していただいた先生方や生徒の皆さんに感謝しています。ありがとうございました!