2019年04月

きたる3月下旬再びソロモンを訪れた。
協力隊員で、帰国後、こんなに任地を訪れた者はいないであろう。
DSC_0267

またまたまた、村人生活続投。


だらだらして、
line_4547229694878

懐中電灯学校を開いて、
line_16069119760014

やっぱり、
だらだらして、
IMG_5806

そして、今回は日本の職場の同僚が私の後追いで、ソロモンを訪れてくれた。
IMG_5872

「こんなところに日本人」リアル版を実施。
港まで迎えに行かず、村人に聞きながら私のところまでたどり着けるのか実践。
IMG_5859


すると、、、
line_5211317750614

これた~~~、、、

ムンダ到着後、ものの20分ぐらいだったらしい。

IMG_5830

KUNIOの知名度はんぱねー。ってことにしておこう。

足かけ3年、村人生活のたまものだぜ。

 そして、ゲスト扱いされなくなったような気がする。
line_4796978554523
↑一人日本人がいます。

そして、日本人は、、、、、、
必ず。。。
 line_5113117055131

ソロモンの子どもたちの生きる力に驚愕する。

IMG_5930

 そして、日本人は必ず。
DSC_0307

子どもたちの笑顔に魅了される。

line_4979749636536

日本人は必ず。。。
line_4719715501010
人の優しさを知る。

よし、ジャングル探検だ。
line_4704062486589

洞窟に行くぜ。
line_4679182879463

無人島でバーベキューだ。
IMG_5898

夜のKUNIOSCHOOLにも参加。
DSC_0283


先生2人いるから採点がスムーズ。。。
line_4485038691569

ソロモン満喫。。。
line_5486212545353


さて、本日の旅の本題。。。

なんと。。。
IMG_5993
「パスポートできたぜ☆☆☆」

 

正直できるとは………


難しいと思っていただけに、、、

びっくりだ。

 

ソロモン人もやればできる。
IMG_6101


 

高い金を払って、上京して、高い金を払って、パスポートを作ってくれていた。

ちなみに、KUNIOBOYSの中で、賢いやつらがちゃんと選ばれていた。

その辺もきちんとしていた。。。


よしよし、ここまでやってくれたのなら、あとは、こっちで何とかしよう。
line_4883763862354

 ビザの申請書類の準備。→これ結構面倒だった。

航空券の準備。→購入するのに勇気がいるぜ。

受け入れ体制。→日本の学校いお願いだ。

 
途上国から日本に迎えるのって結構大変だと知る。

巨大カツオをバターナイフで捌くのも大変だと知る。

IMG_5945

よし、だいたい何とかなりそうだ。

ついに、KUNIOBOYSが来日します。
line_4771513599532

きたる625日に来日します。

そして、3ヶ月ほど滞在します。3ヶ月!!!!ながいっ!!!

 

基本的には、中学校に毎日通います。

土日や、夏休みを利用して、観光や企業見学に行く予定!!!

 

ソロモンの子どもたちと楽しく遊べそうな人大募集。
line_4490355720473

ソロモンの子どもたちとサッカーしてくれる人大募集。
line_5207647754783

ソロモンの子どもたちに食事ごちそうしてくれる人大募集。
IMG_5940

その他、何か楽しいアイディアある人大募集。
IMG_5878


追伸 

YOUTUBEに動画を知人にアップしてもらっている。

https://www.youtube.com/channel/UC9rY4rDDDXVAHO88jODPOmQ


YOTUBEでソロモンTVで検索すれば見られるらしい。チャンネル登録よろしくお願いします。
IMG_20190325_183205


そのうち、ソロモンの子どもたちの日本旅行記として
このブログを更新する予定。
好ご期待。。。
 
line_5100788748105

 


ソロモンでの協力隊の活動を終え、、、、、
IMG_20190325_183421

帰国後、「よしっ!!これからはこの経験を日本の子どもたちに還元だ!!!」
っと、意気揚々と日本での職を再開させたものの、、、

難しいってのが正直な感想。。。
予定、時間、制約、空気、立場、役職、、、、
「複雑に入り組んだ現代社会に、、、」馴染むのは大変。。。

ここで、愚痴ってもしょうがない。

とりあえず、できることをできる範囲で行うことにした。

「今度ソロモン行くから、手紙書いてくれる人募集。」
「ソロモンの子どもたちにプレゼントしてくれるもの募集。」
「ソロモンの子どもたちが描いてくれた絵に色を塗ってくれる人募集。」


IMG_4654
HEPANA宛てに手紙を書いてくれた。

IMG_4656
写真付きだぜ~

IMG_4722
MELISA宛ての手紙。

IMG_4687
LOYD宛ての絵

IMG_4661
ESTER宛ての絵

IMG_5950
LENCYへの手紙。


IMG_20181229_141623
服やら靴やらをプレゼント

とまあ、生徒のみんなや同僚の先生方に協力していただけた。感謝。感謝。

すると、みんなが、日本の生徒たたちにクリスマスプレゼントとしてあげてくれって、、、
IMG_20181230_085423


IMG_20181230_091619


IMG_20181230_095248

たくさんの子どもたちが、ネックレスを手作りしてくれた。


今後もできる限りで交流を続けよう!!

やってまいりました12月。
いってきま~す。
DSC_0208
成田空港。。。全然久しぶり感がなくなった。

クリスマスと年末をソロモンで過ごしちゃった。
だって、、、楽しいんだもん。。。
IMG_4897
メーリークリスマス

IMG_4932

IMG_4955
村のみんなで馬鹿騒ぎ。

 

このときも、

家なき子続投中。。。「誰か泊めて~」
IMG_5253
「いいよ~。」



IMG_5204

村人生活続投中。。。
DSC_0227
井戸で水浴び~

なぜなら、、、
いつもの水浴びの池の水が、、、
DSC_0242

超汚いのだ。
「これじゃ、病気になるから。子どもたち病気になってええんかぁ。」
「村のみんなは大好きだけど、村が汚れていくのは嫌だ。」
なんて話を教会にて熱弁。伝わったかな。。。

DSC_0244

とりあえず、子どもたちと毎日ゴミ拾いをしておいた。
DSC_0247

勉強会も継続。。。
「また、KUNIO SCHOOL やるのか?」
「やるよ。」
「いぇーい。」

学ぶ意欲。素直。
教える側も意欲が沸く。
IMG_5238

問題は毎日手書きです。(30~40人分)

DSC_0234

同じく懐中電灯で、、、
DSC_0232

そのまま、おやすみなさい。
IMG_5427
空き家の板の間で横になる。


さて、ゴミが増えたこと以外にも変わったことがある。

お母さんの家にガス台導入。
DSC_0217

新しい建物の建築。
DSC_0251

ゲームの普及。
DSC_0256

さらに、空港の国際化に向けてライトが灯った。
IMG_5143
明るくなったぜ~。。

ついでに、クリスマスの装飾品にも、
IMG_4786
明かりが灯った。クリスマスパーティーも豪華になりつつある。

 

とまあ、発展著しいソロモン諸島。
IMG_5600

生活用品も携帯の電波も空港の国際化も

押し寄せる文明を受け入れるしかない状況。。。

豊かになった。っと、喜んでいる人も多いが、、、

IMG_5474

ゴミが増え、星空も見えなくなり、貧富の差も広がり、、、
複雑な心境の日本人の私。。。
 

そして、圧倒的に遅れている教育の現状。。。

そうだ。子どもたちを日本に招待しちゃおー。。。

文明まみれの生活体験させちゃおー。。。

閉じこもっているだけでなく、自ら外に出て学ばせてみよう!!!

 

ってことで、「ソロモンの子どもたち日本へようこそプロジェクト始動!!!」

 

日本に呼んじゃっていいのか。。。
文明まみれの生活大丈夫か。。。
ソロモンはソロモンにいるだけで幸せなんじゃないか。。。

 

とかとか、いろいろ考えたこともあるけど、まあ、押し寄せる文明を止めることはできなし、待つばかりでなく、自ら赴くことも大切かなと考えた。

まあ、何はともあれ、楽しそうだからやってみようってことだな。

IMG_5425

実は、前回訪れた8月に、校長にこのプロジェクトの提案をしていた。

そして、今回はパスポート作れたのかの確認。。。

よし、学校へ行こう。
IMG_4631
 校長先生。校長先生。

「日本に派遣されるの誰になった?パスポートできた?」

って確認しようと思い学校を訪問すると、、、

 

はいっ。校長不在。。。
IMG_4638

相変わらず約束なんてできないこの国。。。

 

パスポートどころか。その他の準備も全く進んでいないようだってことを確認。。。

まっ、予想はしていたけどね。

ちなみに、学校はペンキが塗り替えられていた。
IMG_4709

そして、右上、、、、ペンキ足りなくなったんかいっ。
相変わらずの無計画振りに懐かしさを感じる。

 

もう、校長は当てにしない、、、

村人にシフトチェンジ。。。
IMG_4862

むしろ。「KUNIOBOYS」から来る生徒選べるからそれでいっか、って感じ。

 

KUNIOBOYSから3人日本に留学させることができるけど、、、」

3月下旬までに子どもを選出してパスポートを作っておいてくれる?」

 

って、お願いをしておいた。
「OKだ。任せとけ!!!」

いつでも、誰でも、返事だけは超一流なのだ。。。

まあ、ダメ元でのお願い。

パスポートを作るのに、首都まで24時間船に乗って行かなければならないし。

首都に行ったとしても、すぐに作ってくれるとは限らないから長期間首都に滞在しないといけなし。

そもそも、膨大な金がかかるから出してくれるのか、、、疑問だ。

 

それも含めて、全てこっちでやってあげるのは簡単だ。

飛行機で首都に連れて行って、パスポート作らせて、って、金の力で簡単に解決できる。

だけど、それでは、支援が過ぎる気がする。

ある程度の努力もソロモン人にしてもらいたい。

さっ、無事に準備が進むのか。好ご期待。。。

今度は3月また来るで~。
 IMG_5638

 

盛大にお見送りありがとう。

 

 

 

 

 

 


やってまいりました。

ご無沙汰しておりました。

お待たせいたしました。

久々の「かねみつ~しん。」更新でございます。

 

このまま、このブログも闇に消えてしまうのかともっていたのですが、

帰国後、早一年が経った今現在もなんと、休みの度にソロモンを訪問し続けていたのでした。

 

しかも、3回。。。

 

交通費で破産。。。上等。。。

 

任期終了後のソロモンとの関わりを何度かに分けて紹介させていただきたいと思う。
よろしくお願いします。

 

帰国後、半年。日本の学校生活にも慣れつつある頃。
やはり、ソロモンの子どもたちのことが忘れられず、、、。

はい。いっちゃいました~。夏休みに3週間ほどね。
そして、今回は、協力隊の友人と大学生になった教え子も連れて行っちゃいました~。
IMG_20180811_194605

 涙涙で別れた半年し前、、、

相変わらずの笑顔たちが迎えてくれたのだった。

20180817143239_IMG_3612

ほんと、不思議とアウェイ感が一つもなく、実家に帰ったような感じ。

 

ただ、協力隊生活のとき違うことが1つある。

「家」がない。

 

教会にてあいさつ。
IMG_3746


「家ないんだけど、泊まらせて?」って村人にお願い。

 「どこの家でも泊まって行きなさい。」って、、、
IMG_20180815_191536


毎日食事も準備してくれた。
ありがたや~。

相変わらずの家族扱い。
IMG_4231
感動~~~。

 全力村人生活が開始されたのであった。

大自然。どんとこい。アンチ文明生活。どんとこい。

水浴びはこちら。

 DSC_0021

 風呂シャワー温水なんて、、、相変わらずない。

畑で食料調達のお手伝い。

20180825081053_IMG_3957

料理はこちら。
DSC_0087
久々の自給自足&現地調達生活。。。最高!!!

みんなにソロモン満喫してもらったぜ☆

IMG_3536


友人や教え子が帰国した後も一人任地に残り、村人生活続投。
DSC_0058

勉強会も継続中。
IMG_3882
家がない→電気がない→懐中電灯の明かりに群がる子ども。
文句なんて誰も言わない。

今ある環境を受け入れる子どもたち。。。
だから発展しないんや。。。って、思いつつも、
とってもとっても、心地よく感じる時間だ。

その後は、みんなで、ビデオを見る。

IMG_3892

深い闇

フラッシュ!!
IMG_3891
こんなにおったんかい!!!

いや~。協力隊より協力隊感のある生活。充実充実。
DSC_0104
 

あと、三中のみなさんからいただいた、洋服なんかも子どもたちにプレゼントした。
IMG_4140

協力してくれた皆様ありがとう!!!

さて、今回の旅の目的は、久しぶりの再会と友だちをつれてくること以外にもう一つやることがあった。
それは、次回紹介しようと思う。


↑このページのトップヘ