京都の木津川市立木津第二中学校から手紙が届いた。
IMG_20171227_115356
以前にこちらから手紙を書いたものの返事が来た。こちらからの質問の返答や、自己紹介なんかが英語で書かれていた。
IMG_20171231_005610
今は学校が休みなので、生徒たちの手に渡るのは年が明けてからになりそうだ。
日本からの手紙、どんなリアクションで手にするのか楽しみだ。
その様子はまた後日お伝えしようと思う。

併せて、私宛ての手紙も同封されていた。
応援メッセージが多く、活動への励みになる。ありがたい。

担当の西山先生、生徒の皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

さて、話は変わり、
年末の休みを利用してNOROにあるSOLTUNAの工場見学に行ってきた。
PC110017
SOLTUNAについては、以前の記事紹介したのでこちらを…
この「SOLTUNA」ソロモンに来て何缶食べただろうか。火を起こさなくても、開けるだけ食べることができるありがたいやつ。

我が家ではストックを欠かしたことがない。
IMG_20171230_151746

ちなみに今回の見学はNOROの街で活動している隊員に見学の許可をとってもらった。

ゲート
PC110020
守衛さん
PC110023
警備はバッチリ。

きちんと分煙スペースもあった。
PC110034

オフィスはこちら。
PC110040

クーラ発見。
IMG_5844
相当無沙汰……。

オブジェも含めてちゃんとしていた。
IMG_5842

そして、いざ工場へ!!
PC110037

だが、、、ここからは撮影禁止。。。
残念。。。

まずは、見学用の白衣と帽子を身につける。
「髭生えてるなぁ~。これをつけろ。」って…
帽子をアゴにもかぶされる。

写真が撮影できなくて残念だが、白い帽子を頭とアゴにつけただけのただのヘンテコな人の誕生でしかなかった。

行程はこちら↓
まずは、大量のマグロが海から上がってくる。
築地さながらの光景。

そして、男たちがナイフを入れ、内蔵なんかを取り出す。
1秒て1匹ペース。
手際の良さが尋常じゃない。

次に、機械に入れて蒸し焼きにする。
冷ましたあとは骨を外す。
これが大変。すべて手作業。数百人単位でシフトを組んで24時間体制で作業しているとのこと
その後は、機械で缶に詰めてラベリングをして完成になる。

SOLTUNAはソロモン国内だけでなく、
大洋州の国やオーストラリアなどにも輸出されている。

う~ん。ここではソロモンタイムは適応されていないらしい。
やればできるんやな~。

とまあ、ソロモン可能性を感じる工場見学になった。
PC110052
一緒に見学に行った皆さん。

「SOLTUNA」もっと味わって食べることにしよう。
IMG_20171230_151749