「あれっ、俺の5ドルがないっ。」

事件が起こった。
夜の勉強会もひと段落。
IMG_20180203_203243

そんなときに、、、

我が家で盗み発生。
「今かよっ。。。」って時期に。

卒業間際に起こるトラブル。日本でもあったかな、、、。

盗まれたものは子どもが持ってきて机にポイっと置いていた5ドル紙幣(日本円で75円ぐらい)。
「そんだけかいっ。」てな金額だが盗むやつがいたことがショックだ。

子ど​もたちが家に出入りするようになり、気を付けてはいた。
盗まれやすそうなものを目につくところに置かない。
子どもたちだけにしない。

昨年なんかは失礼なぐらいの警戒ぶりだったように思う。
小銭を置いて持って行くか試したこともあった。
ただ、今の今まで盗まれたものは何もなかった。

最近は完全に油断していた。いや、信用していた。
それだけに残念でならない。。。

子どもたちはというと、、、
「誰だぁ~。全員ポケットチェック~。」

日本だと、このご時世、犯人捜し的なことはできない。

ソロモンでは関係ない。子どもたちが自主的に犯人捜し。

時を待たずポケットからポロっと5ドル落とすやつ発見。。。

「お前かいっ!!!」

犯人見つけ5ドル戻って一件落着。。。
いつも通りやり過ごす子どもたち。。。

ここソロモンだしこのままやり過ごしちゃおうか、、、
いやいや大人としては説教だろっ、、、

どうしようかと悩む。

つたない言葉で説教開始。。。
「君たちを信じてたんやけど、、、とっても悲しい。」
そんなことを伝えるのが精一杯。

「今日は全員帰りなさい。。。」

とりあえず、全員強制帰宅。。。

翌日。。。
どうなることやら、、、。

とりあえず放って置く。

しばらく来なくなっちゃうかな~。
帰国間際に残念だな~。
なんて思っていたのだが、、、

はいっ。来たー。
IMG_0368
とりあえず1人。
きっと、偵察要因だろう。

その後、いっぱい、来たー。
IMG_20180201_130829
火起こし、薪割り。
とりあえず、働け。。。

そして、謝罪の応酬。
「昨日はごめん。。。」
「盗むのはよくないよね。。。」

そして、あっという間にいつも通り。。。
盗んだ子以外は。。。

当人には3日間の自宅謹慎の罰を与え、3日後に復帰してもいいことにした。

そして、それ以降、全員の我が家での生活態度、学習態度がすこぶる向上したのであった。
IMG_20180211_195434

子どもたちは、失敗を経て成長する。
どうやら、万国共通らしい。

文化も言語も常識も異なるこの場所で、
何を基準に子どもたちに物事を伝えるべきか、、、、。
日々葛藤である。

IMG_0730


さて、そんな事態に村の大人たちはというと、、、
「ろくでもないやついるから気をつけろよ」って、、、

そんだけかいっ。

さて、ボーイズとの勉強会も日常に戻りつつあったころ、、、。

教会でのお祈りの後、諸連絡にて、、、

「隣村、とあるオフィスの庭に生えているマンダリン(柑橘系の果物)を盗んだ子どもたちがいる。」

そして、次々とKUNIOボーイズたちの名前が呼ばれていくのであった。

ほんと、「やってるね~。」

庭の果物泥棒。。。
ちょっと、子どもらしくてかわいいもんやん。
なんて感覚の私。。。

ただ、村の大人たちとの温度差を感じる。

お金のほうがあかんやろっ、、、
って感覚とはどうやら違うようだ。

名前を呼ばれた子どもたちは夜間自宅に軟禁されることになった。

罰としてKUNIOの家に行っちゃだめっ、、、
って、我が家の出禁はどうやら罰を与える意味を持つらしい。。。

複雑な心境。。。

子どもたちは失敗を繰り返す。
これも、万国共通らしい。

そんなこんなで、お勉強会の人数が少ない。。。

2、3人なんてときも、、、

15人ぐらいが半分以下になったので、正直ちょっと寂しい。。。

とまあ、残り1ケ月となった任地での生活だが、、、
最後までばたつきそうな予感。。。

IMG_20171227_162302