休み明けは憂鬱なものだ・・・

「えいっ!」と気合いを入れて教室に乗り込むと
image

閑散としていた。
心配は的中。3分の1ぐらいの出席率。

正直なのか素直ってことなのか・・・
心の状況と行動が一致し過ぎである。


それでも授業は進める。
今週は顕微鏡。
顕微鏡は奇跡的にあった。
小さいものを含めると8台。
image

ホコリまみれだが使えなくはない。
布巾がないのでトイレットペーパーで拭いていると・・・
image

これで拭けって・・・
ノリでパッリパリのYシャツを貸してくれた。
「誰の?」「なんでYシャツ?」と謎なのだが・・・

とにかくソロモンの人は優しいのだ。

しかし、顕微鏡は何とかなったのだが、カバーガラスはもちろんスライドガラスもないのである。まさに宝の持ち腐れ状態だ。

だから、
image

CDのケースを

image

切って

image

作った。

カバーガラスは使いづらいのだが大丈夫!
image

植物を摘んできたり、虫を捕まえたり、鼻の穴から取り出せるあの物体なんかも使ったり・・・

一生懸命観察していた。顕微鏡を使うのは始めてだったらしい。


image

欠席が多かったため、まじめに登校した生徒がたくさん観察することができた。



さて、金曜日突然の出張があった。
突然パターンだ。もう、驚かない。

先生方みんなで
image

ボードに乗り込み別の島の学校へ!
なぜか先生方のお子さんも同行した。

午前中は会議、講演会・・・
語学力不足のためか・・・
正直、とんでもなく苦痛に満ちあふれた3時間だった。

自分が話すときは短時間でわかりやすくかつ面白い話しをしようと強く心に誓ったのだった。

午後は、運動会!!
image

綱引き。綱は細め

image

ソロモン人は劣勢になると綱を急に放してしまうようだ。

image

危険、味方が敵になる瞬間。

サッカー
image

老若男女みんなサッカーが大好き。

最後は
image

ダンス

とりあえず、お約束の飛び入り参加
image


奇妙な外国人の出現に
image

とりあえず盛り上がるのである。簡単だ。

仲良く2隻のボードで帰路に就いた。
image

このあとのボードレース・・・
デッドヒートになったことを付け加えておこう。


話は変わり・・・、

卒業生や保護者の方から励ましや激励、近況報告など連絡をいただける機会が増えた。

たくさんの人にブログを見て頂いているようで、嬉しく思う同時に自分も頑張らなくては!と、気合いが入る。

拝中で学年所属としてお世話になった(お世話した)緑ジャージ軍団はそれぞれ21才、18才、15才と進学やら就職、そのほかと人生の節目を迎えようとしている人が多いようだ。

近くで応援したい気持ちもあるのだが、今は南の島から応援するだけ・・・。

みんなの頑張りに力をもらう!
今を全力疾走!!
image

~ふんばり~