5ヶ月過ごしたムンダを離れた。
image
生徒たちともしばしお別れ・・・

1ヶ月後にはまた戻って来るのだが、
少し寂しい気がする・・・
image
綺麗な夕日ともしばしお別れ・・・

image
飛行機は2時間遅れで離陸。
image
運行状況を身直に感じることができる!
image



そして、5ヶ月振りの首都ホニアラ
image


5ヶ月振りの同期隊員
image



そして、5ヶ月振りの胃もたれ・・・
image
image
この感動の再会は胃袋にとって相当刺激が強かったようだ。


東京からホニアラにやって来たときは、何にも思わなかったが・・・・・・
image
今、首都の凄さに興奮が止まらない。


もちろん、遊んでいるだけではない。
image
活動報告会や総会などに参加した。
5ヶ月振りのクーラー。
半年ぐらい振りの「寒い」を感じた。


そして、週末。
ガダルカナル島の探検にも出かけた。
image
image
慰霊碑
image

第二次世界大戦の激戦地。いろいろな説明を聞きながら、ジャンクを突き進む。
image
image
image
当時の物や銃を撃つほら穴がそのまま残されている。
人骨が見つかる事もあり、日本から遺骨収集団が未だに派遣されている。

image
途中、日本軍が水を調達していた滝や

image
日本軍が使用していた洞窟にも行った。

この洞窟まさに・・・
image
闇の世界。

もう、匍匐(ほふく)前進、這いつくばって突き進む
image
そして、奥の壁には・・・
image
1944年に書かれたアメリカ軍のサインがまだ残されてた。

闇、湿気、虫、泥・・・
image
「ここに潜伏していたのか・・・・・・」と当時の日本軍の事を思いながら・・・


さて、今週も首都で引き続き生活する。
南太平洋地域では毎日のように地震が起こっている。安否確認等連絡をいただいた。とてもありがたい。

とりあえず、安全第一。
気をつけて生活しようと思う。